議会だより PARLIAMENT

平成22年3月文教福祉常任委員会 白山市の保育行政、保育所の正規職員が少ないのは異常

白山市の保育行政、保育所の正規職員が少ないのは異常

職員課の方針により職員は増やせない

  • 正規職員による健全経営が望まれる市営保育正規職員による健全経営が望まれる市営保育

保育所の正規職員の割合が少ない、民営化による対応については保護者から不安の声が上がっている、臨時職員ばかりで保育所を運営していることは異常である検討せよ。

職員課を通して増えるように努力していきたい

正規職員が少ないことは、異常であると思っている、職員課としては、職員を10年間で200人削減することを目標にしている方針により正規職員を増やせない。

不明の図書の回収状況は

不明図書で持ち去るところを見つけた時の対処は、警察への通報も含め厳しく対応してほしい。

1,075冊の不明図書がある

担当者が電話やはがきにより督促をしている、勝手な持ち出しについては今のところモラルに任せるしかない。現場で見つけた場合は別室に呼んで指導している。

体育施設のスキー場関連施設の予算執行は

白峰農業体験施設、鳥越大日スポーツ施設の運営費はスキー場対策特別委員会の結果を見て執行してはどうか。

指定管理として契約の期間が残っている

冬場の利用だけではなく、この春からの事業計画があり通年型のスポーツ施設経費として計上したものである。

一覧へ戻る
PAGE TOP
村本一則後援会『いっそく会』
TEL/076-273-0372